古淵駅のムカエ歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

神奈川県相模原市南区古淵2-16-9リバーストーン201

TEL:042-776-7575

古淵駅徒歩1分の予防歯科・歯医者なら相模原市古淵のムカエ歯科医院へ

口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは、口の中とその周辺の外科的治療のことです。
以下のような症状が口腔外科の対象となります。

歯の奥が痛い、歯茎が腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えないと(埋伏歯)、それが原因で歯茎に炎症を起こしたりします。また、虫歯や歯周病が原因で歯茎に膿がたまり、歯茎が腫れることがあります。

顎が痛い、口が開かない、口を開けると音がする

無理な歯ぎしりや正しくない咬み合わせなどが原因となって顎関節に負担がかかり、様々な症状が現れます(顎関節症)。原因を特定し咬み合わせを調整することで、症状を改善できます。

お口の中のできもの、水ぶくれ

お口や舌にできもの(腫瘍)ができることがあります。良性の場合は命に別状はありませんが、摘出・切除が可能です。また、水ぶくれのようなできもの(嚢胞)ができた場合も、摘出が可能です。

お口や顎の外傷

交通事故やアクシデントなどで、顎骨が骨折した場合や歯が欠けてしまった場合、口の中の切り傷なども歯科口腔外科の治療範囲となります。

智歯周囲炎(親知らずの炎症)について

親知らずを抜かなければいけないとき

何度も腫れるとき
歯肉が親知らずにかぶさって汚れがたまりやすいために炎症の原因となります。
ひとつ前の歯に悪影響をおよぼすとき
親知らずの生えてくる方向が悪いとき、知らず知らずのうちにひとつ前の歯が虫歯になってしまいます。
ブラッシングの器具が入らず虫歯になっているとき
親知らずは一番奥にあり歯ブラシなどの器具がどうしても入らず、清潔にできないために虫歯になりやすい。
頬(ほほ)のお肉を噛んで痛みがあるとき
親知らずの生えてくる方向が正常でも、頬のお肉を噛んで痛みの原因になっている場合があります。

図で見る親知らず

いくつかの治療方針があります

  • 抜歯
  • 虫歯の治療
  • レーザーによる治療
  • お薬による治療
  • 大学病院にご紹介

状況により治療方針は異なりますのでまずはご相談下さい。

当院では、口腔外科を専門としてCTやレントゲン、笑気鎮静法の設備を備えていますので、どうぞ安心してお任せ下さい。

口腔外科の処置

抜歯のシミュレーション

当院では、抜歯の際周囲の神経損傷を防ぐために、予めCT画像で調べてから手術を行っています。

粘液嚢胞

唇の小唾液腺の一部がつまって唾液が排出できず、風船みたいに袋を作って膨れる疾患です。
悪性のものではありませんが、放置しておいても消失する事はありません。切開を加えて袋を除去することが良いと思います。
尚、小唾液腺は無数に存在する為、除去してもたまに再発することもあり、数回に及んで除去手術を行った人も稀にいます。

線維腫

歯や不適合義歯などの慢性刺激により、硬いしこりのような物ができる良性の疾患です。
口腔領域では比較的しばしばみられる腫瘍で、歯肉、舌、頬粘膜、唇などに見られ、一般的には無症状で、緩慢に発育し、エンドウ大からクルミ大までの大きさになります。
表面は正常な粘膜で覆われ、周囲との境界は明瞭です。治療方法としては、自然消失することはありませんので、外科的に切除することが良いと思います。

ご予約について

こちら診療室

人形コレクション

生体造形技術

メディコデンタル CTセンター ボーン.ラボラトリー

Mobile Site
PAGE TOP